は休業日となります。

フルオーダー家具

Case02  藤井様宅

藤井様宅では、建具や造り付け家具など多くのフルオーダー家具のご注文を頂きました。
大変嬉しいお言葉をご本人より頂いております。ありがとうございました。

玄関引き戸

写真01

お言葉
我が家は、ささら子張りに漆喰壁という伝統的な和風の外観なのですが、玄関の木製引き戸は、家の第一印象を決める重要な要素でした。
くぐり戸つきの板戸という、一般家庭ではあまり例がないと思われる注文にも丁寧に対応していただき、武家屋敷や庄屋を思わせる重厚な玄関引き戸が完成しました。遊び心あふれるくぐり戸のほか、真ん中には来客確認用のスコープもついており、使い勝手は上々で大変満足しています。

格子戸

写真02

お言葉
内玄関、廊下の2か所に格子戸を取り付けました。ガラスが入った昔なつかしい格子戸で、格子の太さや木割りもイメージしていたとおりの出来映えです。
格子のすき間から入ってくる光と、格子によってできる影とのバランスが素晴らしく、和の美しさを感じさせる陰影が、独特の雰囲気を醸し出しています。
重厚な重さを感じつつも戸の滑りはスムーズで、大変満足しています。

ガラス戸

写真03

お言葉
昔は普通にあった木製建具。 最近はほとんど見かけなくなりましたが、居間の開口部には昔ながらの木製ガラス戸をつけることにしました。
戸の雰囲気に合わせて、鍵も、ねじ込み式のものをあちこち探していただき、デザインと機能が両立したピッタリのものを見つけていただきました。昔風とは言っても、ガラスは断熱を考慮して、ちゃんとペアガラスになっています。開け閉めするときのゴロゴロガタンという重々しい音がなんともなつかしい、雰囲気あふれるガラス戸になりました。

簾戸

写真04

お言葉
京都の町屋などで見かける簾戸をぜひともつけたくて、無理を言ってお願いしました。
木の枠にすだれを入れ込んだ引き戸ですが、一般にはほとんど注文にあがってこないものと思われます。 しかし、すだれを通して入ってくる光の陰影は、日本の美意識を感じさせる素晴らしいもので、このような繊細で美しい建具が一般にあまり使われないのは、ほんとうに残念でもったいないことだと思います。

下駄箱

写真05

お言葉
内玄関の壁面いっぱいに下駄箱を造り付けていただきました。シナベニヤ張りのフラッシュ戸だと思いますが、濃く着色したおかげで木目が浮き立ち、独特の雰囲気を醸し出しています。
内部の仕切り棚の高さや傘入れの大きさも、こちらの注文に応じて細かく対応していただき、大変使い勝手のよいものに仕上がっています。

勉強コーナー

写真06

お言葉
ホールの一画に、造付けの机と吊り本棚を製作していただきました。机は無垢板を張ったもので、キズの心配はありましたが、経年変化もまた味になると割り切って、あえて無垢板でお願いしました。結果は大正解で、室内の雰囲気を一段と高める素晴らしい勉強コーナーになりました。明かり取りの窓にとりつけた障子は、雰囲気づくりだけでなく、優れた断熱効果も期待できます。

大テーブル

写真07

お言葉
居間に設置する大テーブルは、2400ミリ×1200ミリの大きさです。食事、家事、子供の勉強など、何にでも対応できるこの大テーブルは、それぞれの居場所がありながらも家族が孤立しない家づくりを目指していた、我が家の中心となるものでした。シンプルで本物感のあるものをお願いし、天板は無垢板にしました。キズの心配はありますが、それもまた家族の歴史になると割り切っています。木目の表情や着色の具合が素晴らしく、居間の中央に据えるのにふさわしい仕上がりになりました。
天板の下には、薄い引出しが仕込んであるので、使い勝手も良好です。特注品にもかかわらずお値段も良心的で、本当に満足しています。

Q:オーダーしたきっかけは、なんですか?
A:家を新築する際に、工務店を通じて、建具や造付け家具関係の担当として入られていたのが阿部木工さんでした。新居は、漆喰壁に板張りの和風の外観、内装でしたが、阿部木工さんに製作していただいた木製ガラス戸、格子戸、框戸、障子、簾戸などの伝統的な建具は、和風の外観、内装をさらに引きたてる素晴らしいものでした。また、下駄箱、クローゼット、戸棚などの造付け家具も、イメージどおりのものになりました。そうしたご縁の中で、新居の居間の中心に位置する家族用の大テーブルも、阿部木工さんに特注で製作していただくことになりました。

Q:相談~発注~制作~納品まではいかがでしたか?
A:建具や家具の注文に際しては、デザイン、大きさ、棚の位置など、かなり細かいところまで指定することになるのですが、阿部木工さんの丁寧で誠実な対応ぶりに接して、こちらの要望を遠慮なく伝えることができ、打合せ自体がとても楽しい時間となりました。納品も、想像していたよりも早い仕上がりで少々驚いたくらいです。

Q:全体のご感想は?
A:とにかく、阿部木工さんの家具造りに対する真摯な姿勢が印象的でした。本当に家具造りに愛着を持って接しておられることがこちらにも伝わってきます。製品そのものの出来映えも、期待を裏切らない素晴らしいものでした。これからも、家具を特注したくなったら、また、阿部木工さんにご相談したいと思っています。

設計:有限会社オーツー・プランニング 森野 和幸/撮影者:相原 学

  • ご注文の流れはこちら
  • お問い合わせはこちら

▲ページトップへ戻る

お問い合わせ

電話受付、メール返信は、月~金曜日
10:00~17:00
(祝祭日を除く)です。

有限会社 阿部木工
(阿部家具)

住所:〒791-1113
愛媛県松山市森松町135番地1
電話: 089-976-2679
FAX : 089-976-6493

お問い合わせはこちら